医院開業の流れスケジュール

開業を決意してはじめに行うことは?

「開業しよう」と思った直後に、「なぜ開業するのか」について改めて考えてみましょう。
あらゆる可能性やリスクを整理していくと、もしかしたら、「まだ早いかもしれない」と思い直すこともあるかもしれません。
意したと思ったとしても、それが本当に決意と呼べるような意志の強さを持っているのか、これを改めて再確認しておくことをお勧めします。

自問自答した末、開業する決意が一切ブレないようであれば、その後に行いたいことは、開業時期の決定です。
医師がクリニック等の開業を行うには、あらゆる準備や作業をしなければいけませんが、それもこれもゴールが決まっているからこそ進められるもの。
「準備が整ったら開業しよう」という考え方もあるものの、しかし、それではその準備にも身が入らず、開業時期が次第に延びてしまうケースが出てくるので避けるべき。

やはり、まずゴールである開業時期を具体的に決め、それに向かってどの程度のスパンとスピード感で準備を進めていけばいいのかを考える、このやり方の方が、ずっと良い準備を行うことができるはずです。

医院開業の全体の流れ

開業時期を決定したら、それに向けて具体的なスケジュールを組んでいきます。
スケジュールを組む際に知っておきたいのが、医院開業の全体的な流れです。それを順番に書き出してみましょう。

・立地調査を行なった上で開業地や物件を選定
・収支想定やキャッシュフローなどを含めた事業計画の策定
・資金調達方法や調達先の選定や申し込み
・医院の内装に関する業者の選定やデザインの立案
・診療に用いる医療機器の選定や発注
・スタッフの募集や採用に関する業務
・チラシやWEBサイト作成など宣伝広告に関する業務
・開設に必要な届け出や申請
・医院の開業

非常に大まかではありますが、大体このような流れで医院の開業準備を進めていきます。同時に行える作業ももちろん出てくるでしょう。思っていたよりも時間がかかる作業もあるかもしれません。
立地や業者の選定などは十分なリサーチが必要となるため、慎重に時間をかけて行うことをお勧めします。そうした点も含めて、無理のないスケジュールを策定しておく必要があるでしょう。

医院のコンセプトの決め方

開業しようと決意した段階で、どの診療科目を標榜するのかは、すでに決定しているはず。ただ、細かなコンセプトまで決めている医師は、意外と少ないようです。
これではターゲットを絞ることができません。
できる限り多くの患者さんに診療を提供したい、そうした気持ちはわかりますが、ターゲットが曖昧なままだと成功しづらい傾向があるのも事実。患者にとって選ぶ価値が本当にあるのか否かが掴みにくいためです。

新たに構える医院のコンセプトは、以下の要素をまとめた上で決めていくといいでしょう。

・自身の得意とする分野や治療は何か
・自身の苦手な分野や治療は何か
・自身が行いたい診療はどのようなものか
・自身が行いたくない診療はどのようなものか

通常コンセプトを決定する際には、“得意な分野や治療”と“行いたい診療”に焦点を当てることが多いですが、“苦手な分野や治療”と“行いたくない診療”にも焦点を当てることで、よりコンセプトを明確化させることができます。
自身のウイークポイントなどにもしっかりと目を向けることが重要です。その意識は、コンセプト決定時には忘れないでおきましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です