医院を開業する際に重要な地域の決め方

医院開業において地域が重要な理由

どの地域に医院を開業するのか、どのエリアに診療所やクリニックを置くのか、これは非常に重要な問題であり、決しておろそかにするわけにはいきません。
開業医が成功するか否かは、この地域選びにかかっていると言っても過言ではないでしょう。
実際に、地域やエリア選びを間違えてしまったが故にクリニックを閉めることになった、移転することになったという医師は少なくありません。

地域は、それぞれ特性を持っています。
それはその地域が長い時間をかけて守り抜いてきた文化かもしれませんし、発展した末に持ち合わせることになった特性かもしれません。
当然、それらはそこに住む人々によってもたらされたものなのでしょう。
そうした特性を把握せずにイメージや固定観念によって選定してしまえば、もしそれが本質とズレていた場合、患者を十分に集めることができなくなってしまいます。

例えば、高齢者の多い地域に若い人向けの美容系クリニックを開業しても、おそらく集患は難しいでしょう。
賃料や土地代などの費用は安く済むかもしれませんが、それすら回収できずに終わってしまう可能性が高くなるはず。
このように、その地域のニーズを十分に掴めなければ利益を上げることはできないため、地域選びは非常に重要な要素となってくるのです。

 

開業する地域を選ぶポイント

具体的に開業する地域を選定する際には、入念なリサーチが必要です。
立地診断と呼ばれることもありますが、これを丁寧に行い、失敗のない立地選定を行っていかなければいけません。
開業する地域を選ぶポイントを5つほど挙げてみます。

・住んでいる人や通っている人が多い
・交通の便がよく通いやすい環境が整っている
・世間に対する街のイメージが良い
・商業施設が多く立ち並んでいる
・他の医療施設があるorない

これらに全て当てはまっている必要はありません。
住人の多いエリアと商業施設が多いエリアは必ずしも一致しませんし、他の医療施設があるかないか、これもどちらが必ず良いとは限らず、どちらを選ぶのがベストなのかは他の要素も絡んで決定されるからです。

ただ、確認しておかなければならないポイントであることは確かでしょう。
少なくとも、人が少ない地域ではなかなか利益があげられませんし、交通の便や街のイメージが悪ければ外から足を運んでくれる患者も減ってしまうため、ここにもしっかりとフォーカスしながら地域の選定を行うことが求められてきます。

物件を選ぶポイント

地域やエリアを選定したら、次に決めなければならないのが物件です。

・駅やバス停から近い
・人通りがある
・ビルや建物自体に清潔感がある
・診療や待合室のための十分なスペースが確保できる
・コンセプトやイメージにマッチしている

物件選びはこだわるとキリがありませんが、成功したいのであれば、やはりこだわらなければいけません。
上でピックアップしたのは、最低限こだわっておきたいポイントです。
地域選びと共通する点はありますが、同じ地域の中でも道が一本異なれば、人通りや通いやすさやイメージも変わってくることがあるため、何度も足を運んで入念にチェックしておくべきでしょう。

外観も重要ですし、それがコンセプトにマッチしているか否かも無視できません。
100%完璧な物件を見つけるのは難しいものの、できるだけそれに近づけるよう、時間をかけて物件選びを行うことが重要になってきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)