開業医の年収の相場は?地域や科目別に見る開業医の収入

開業医と勤務医の年収の差は?

「開業医は儲かる」、そのようなイメージを持っている人は、一般の人はもちろん医師の中にも多いのではないでしょうか。
実際に開業医になるとどれほどの収入が得られるのか、勤務医との比較も交えながら考えてみましょう。

勤務医と呼ばれる働き方をしている医師の平均年収は1,100万円ほどと言われています。
一方の開業医の年収は3,000万円弱と言われているので、この数字だけを見ると、確かに開業医の方が多くの収入を得ているようです。
ただ、別の調査では、勤務医の年収は平均で1,500万円ほどで、開業医は2,500万円ほどというデータも出てきており、その差は調査によって異なることもうかがえます。

確実に言えることは、間違いなく勤務医よりも開業医の方が多くの収入を得ていること。
その差は調査によって2,000万円であったり1,000万円であったりするものの、決して僅かな差ではなく、非常に大きな開きがそこにはあると言えるのではないでしょうか。

もちろん、これらは平均額のため、すべての勤務医や開業医に当てはまるというわけではありません。一つの参考額として捉えておくのが妥当でしょう。

開業医の地域別の年収は?

開業医の年収を地域別に算出することは容易ではありません。
上の調査結果でもわかるように、医師の年収はデータの集め方などに大きく影響を受け、その額が大幅に変化してしまうためです。
開業医のみを対象とした調査では、特にそれが強い傾向にあります。

まず勤務医に焦点を当ててみますが、その場合、人口密集地である東京は1,000万円を切る平均年収額と、他の道府県と比較しても非常に少ない現状があります
大阪も同様に、都市部であるにもかかわらず、年収は1,000万円を切る額となっている点が注目ポイントとなるでしょう。
しかし、開業医は違います。
都市部であればあるほど集患しやすく、平均年収が高くなる傾向があるため、東京や大阪、神奈川や愛知、福岡などでは、2,000万円以上の収入を得ている医師も少なくありません。

逆に、東北地方や九州の一部、北陸地方などでは、1,000万円前後の年収の開業医も多く、勤務医の年収よりも低い地域も珍しくはないようです。

開業医の診療科目別の年収は?

診療科目別に見た時の開業医の年収、これも調査の手法等によって得られるデータが変わってくることがありますが、概ね共通しているのは、眼科や耳鼻咽喉科の年収が高いという点でしょう。

眼科や耳鼻咽喉科の開業医は、年収3,000万円ほどを得ていると言われています。
平均でこの額なので、規模によってはさらに多く受け取っていることになります。
ニーズが増えていることもありますが、自由診療の範囲が非常に広い点も、この額を押し上げる理由となっているようです。

産婦人科と小児科も、同様の年収額を受け取っています。
この両者は医師不足が続いていることからニーズが依然高いため、年収3,000万円前後の平均額になっていると考えられるでしょう。
美容系外科や美容系皮膚科のような、美容に関わるクリニックも、年収の平均額は2,800万円程度となっています。
こちらもやはり眼科などと同様に自由診療が中心であることが大きな要因です。
また、人気のクリニックでは大規模展開しており、その院長ともなれば年収1億円を超えてくるため、それが全体の平均額を押し上げていると考えることもできます。

その他、整形外科医も年収2,800万円ほどで、開業医の中では比較的高い水準であると言われています。

リスクがあるから年収が高い

紹介してきたように、勤務医と比較するとはるかに多くの年収を受け取っている開業医ですが、もちろんその裏にあるリスクを忘れることはできません。

勤務医は、言えば病院に守られた存在です。
仮に医師自身に能力がなかったとしても、病院として抱える患者の数が激減しない限りは働き続けることができますし、一定の収入を得ることもできます。
しかし、開業医は能力が足らずに患者を逃してしまえば、それが収入へと直結してしまうのです。
近年ではインターネットが発達しているため、少しでも悪い噂が広まれば集患は望めなくなるでしょう。これによって一気に廃業へと追い込まれるリスクは、決して小さくはありません。

開業医は、そのリスクと向き合うことを選択したため、年収が高いと言えるのではないでしょうか。
また、開業医として成功するためには、そのリスクを無視することはできず、いかにそのリスクに対処していくか、これを考えていくことが重要になってきます。
開業のメリットばかりに気を取られることなく、デメリットにも目を向けながら決意を固め、準備を進めていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です