医院開業にいくらかかる?医院の規模や診療科目別に見た必要資金

開業にはいくら必要?医院の規模別に見る必要資金

医師が医院を開業するためには、非常に多くの費用が必要となります。
それが一体どれほどかかるのか、あらかじめ知っておくことは独立する上で非常に重要なこととなるでしょう。

・診療科目や診療分野
・診療内容や診療項目
・地域やエリアなどの立地
・医療施設の規模

開業にいくらの資金が必要になるのかは、おおよそこの4つの要素によって決定されます。
まずは一番下の、医療施設の規模について考えてみましょう。

30坪から40坪ほどのスペースで開業できる分野もいくつかありますが、この程度の規模であれば、2,000万円から2,500万円程度で内装を整えることが可能でしょう。
それよりも小さな規模、例えば皮膚科などは大掛かりな治療を行わないのであれば20坪台で開院が可能であり、その費用は1,700万円や1,800万円程度で内装が完了できるはず。
手術等を行う分野では60坪から70坪ほど必要になりますが、この場合は内装費に3,000万円前後かかり、より高度な手術を行うのであれば、内装だけで5,000万円以上かかるでしょう。

これに、設備が2,000万円から3,000万円ほどかかるケースが多く、さらには土地の取得代や賃貸料、その他費用などを加えると、5,000万円から7,000万円ほどは最低でも必要になってきます。
規模が大きければ大きいほど、開業資金が必要になることは間違いありません。

診療科目別に見る必要資金

次に考えたいのが、診療科目ごとに必要になる開業資金です。
これも診療内容や項目、立地によって大きく異なりますが、大体の設備などから割り出してみましょう。

内科ですが、これは小さな規模でも開業が可能であるものの、検査などを十分にするための設備が必要となり、それに2,000万円から3,000万円ほど必要になります。
土地や建物などと合わせると、5,000万円から6,000万円ほどとなるでしょうか。
整形外科、眼科、耳鼻咽喉科、産婦人科なども、内科と変わらない金額を用意する必要が出てくるでしょう。

比較的安く済むのが、皮膚科です。設備は500万円程度からでも開業でき、小さいスペースでも対応可能なため、トータルで2,000万円前後で開院することもできます。
同じような理由で、心療内科や精神科の診療所も、トータルで2,000万円前後でスタートさせることが可能です。

小児科は、4,000万円から5,000万円といったところ。お子さんや母親が安心するための雰囲気やスペースを確保しようと考えれば、もう少しかかってしまうかもしれません。
外科も、小児科と同様か、もしくはさらに多くの開業資金が必要になってくるでしょう。

開業資金はどうやって調達する?

紹介したように、医師の開業資金は数千万円から、高いと8,000万円を超える額となります。これを全て自己資金で賄うのは現実的ではないでしょう。
では、どのように開業資金を調達・工面すればいいのでしょうか。

一般的な方法は、金融機関などからの融資と、地方自治体などからの補助金及び助成金による調達です。
融資には、例えば日本政策金融公庫から受けるという方法があります。
政府系機関のため安心感もありますし、金額によっては無担保で融資を受けられる点においてもメリットがあります。審査期間が短い点も、多くの開業医に選ばれる理由です。
厚生労働省管轄の福祉医療機構からの貸付も選択肢の一つ。
金利が低いのが特徴で、借入のハードルも低くなるでしょう。

民間の金融機関では、開業医向けの貸付を行っているところがあります。
事業内容によっては条件も緩く借りやすいため、交渉する価値は出てくるはずです。
その他、医療機器のレンタルを行う企業が開業医向けの融資を行っていることもあるので、相談してみるといいでしょう。

また、地方自治体から受けられる補助金や助成金は返済する必要がないため、開業医にとってはまず選択肢に入れておきたい資金調達方法となります。
その他、親族や知人から貸してもらうという方法も考えられなくはないでしょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)