医院開業に大切な設備や内装を決める際に意識すること

医院の内装や設備が重要な理由

患者の立場で考えれば、清潔感のあるクリニックと、そうではないクリニックと、どちらの方を利用したいと思うのか、その答えはもちろん出ています。
多くの患者は、清潔感のあるクリニックを選択することになります。
それよりも医師の腕の方が大事、そう主張する患者もいるかもしれませんが、少数でしょう。
ましてや新規で開業するクリニックであれば、清潔感の有無によって集患に大きな違いが出ることは間違いありません。
医院の内装が非常に重要である理由は、ここにあります。

清潔感が全てではなく、女性好みの内装、子供が安心できる内装、質の高い治療が行えると患者に思わせることができる内装など、そのパターンは様々です。
確かなことは、内装がその医院のイメージを決定するということ。
人は視覚に大いに影響されるため、患者が落ち着いて診療が受けられるインテリアを意識しておく必要があります。

設備の選定も非常に重要なのですが、内装と比べると機能面に重点が置かれることが多いです。
院内を清潔に保つための設備や、停電などが起きた際に必要な非常電源設備、バリアフリーに関する設備などについて考える必要があります。
それらがなければ、やはり患者は安心して診療を受けることができません。
また、医師もベストな診療を提供することができないでしょう。
全ては最高の医療環境を整えるために、医療機器も含めた設備にはしっかりとこだわらなければいけないのです。

医院設立の工事にかかる期間と費用は?

医師が開業するにあたって、親族などから受け継がない限りは、自身の診療に適した内装や設備などを整えるための工事を行わなければなりません。
この工事にかかる期間や費用は、診療科目によって大きく異なってきます。
また、医院の規模や開業医のこだわりによっても大幅に上下することになるでしょう。

ただ、内装や設備等の工事に関しては、最低でも1ヶ月は見ておくようにしてください。
時間がかかる場合には2ヶ月ほどを確保しておけば、比較的余裕のある準備が進められるはず。
設備そのものではなく工事のみにフォーカスすれば、費用は坪単価で40万円前後といったところではないでしょうか。
業者によって20万円台から50万円ほどまでと幅があります。30坪程度であれば、120万円前後が相場と考えて差し支えないでしょう。

医院の内装を決めるポイント5つ

クリニック等を開業する際の、内装を決めるポイントを以下にまとめてみました。

・コンセプトとのマッチング
・清潔感や落ち着くかどうかなどの雰囲気
・プライベート感
・診療のしやすさ
・料金

診療科目によって雰囲気や作りはだいぶ異なるはずですが、コンセプトとマッチしているかどうかは非常に重要です。
コンセプトと内装にズレがあればあるほど、患者は戸惑ってしまいます。
医院は一般的なショップなどとは異なりますから、清潔感や落ち着くかどうかも重視しつつ、コンセプトとのマッチングを考えた上で内装を決定していかなければいけません。
プライベート感を患者がどれだけ感じられるか、これも重要でしょう。
カウンセリング室を設ける医院も増えてきていますし、完全に個室状態で診療が受けられるようになっているクリニックも増加傾向にあります。
患者の安心感と、知らない人とはあまり顔を合わせたくないという感覚をいかに汲んだ作りにできるかが重要になってくるため、その点も意識しながらデザインするようにしてください。

患者目線であることは重要ですが、医師自身が診察しにくければ、それは患者にとっても不幸なため、動きやすさや広さというものを考慮しつつ内装を決定することも意識しておきましょう。
また、内装にかけられる金額は青天井ではないはずですから、予算との兼ね合いも考えながら、最良のインテリアを選択できるようにしておかなければいけません。

設備や医療機器の導入におけるポイント

設備や医療機器にも、基本的には内装と同様のことが言えます。

まずは、患者目線で考えること。そして、医師自身が診療をしやすいと感じられること。
この2点は大事なポイントとなってくるので、必ず押さえておいてください。
最新のものが揃えられていれば、患者としても医師としても安心して診療へと臨めるでしょう。医療施設は医療を提供する場なわけですから、ここにはとことんお金をかけなければいけません。
トイレや階段、駐車場など、設備の中には患者の利用が主となる部分も多々ありますが、ここにも手を抜かないことをお勧めします。

医療機器の選定に関しては、十分に吟味するようにしましょう。
同じような目的に使用する機器でも、メーカーによって扱いやすさや精度、価格は変わってきます。
できるだけ情報を集め、安易に人から勧められたものを導入しないという意識も持っておきたいところ。医師自身が患者のことも考えた上で取り入れることを何よりも優先させましょう。

コメントを残す