医院経営に役立つおすすめの資格

医院経営に役立つ!開業医におすすめの資格

国家資格である医師免許。これを有し、必要な届け出や手続きを踏めば、おおよその診療科目を標榜し医院経営へと乗り出すことが可能です。
資格という視点で見れば、医師免許のみで独立・開業できるわけですが、それだけで必ずしも成功できるわけではありません。
当然でしょう、医師としての腕がないばかりか、経営に関する知識も皆無なままなわけですから。
多くの医師は大学病院などで経験を積んだ上で、技術と知識を蓄えてから開業を目指していくことになります。
言い換えれば、“医師として適切な診療を行う資格”を有しているか否かが重要であり、そこには人間性なども含まれていると言えるでしょう。

“成功”という言葉を出しましたが、よりこれを引き寄せるためには、別途有しておきたい資格がいくつかあります。
「医療経営士」や「医事管理士」と呼ばれるような資格です。
医療経営士は、クリニックなどを経営する上で必要な知識を持っていることを証明する資格で、一般社団法人日本医療経営実践協会が認定団体となっています。
医事管理士は、主に医療事務に関する知識を持っていることを証明するための資格で、一般財団法人日本病院管理教育協会が認定しています。

医療管理士の資格を取るメリット

上で紹介したような資格を取得していなくても、医師免許さえ持っていれば開院することは可能です。
しかし、これらの資格が存在し、その注目度が上がってきていることを考えれば、早々にこれらの資格を取得しておくメリットはあるのかもしれません。

例えば、医療経営士の資格であれば、医療のみならず経営に関する知識を獲得することが可能です。
クリニック等を経営すれば、当然問題や課題に直面することになりますが、それをクリアできなければ経営悪化へと陥り、やがて閉院せざるを得なくなるでしょう。
この資格を取得することで、財務的な戦略や経営マネジメント、サービスに関する戦略等を学ぶことができるため、経営課題や問題のハードルを超えやすくなるというメリットが考えられるのです。

医事管理士は医療管理や情報処理、薬理概論などについて学ぶことができ、クリニックにおいては事務スタッフが担当する分野となることが多いものの、経営者自身がその知識を獲得しておくメリットは計り知れないでしょう。

 

資格取得にかかる期間は?

医療経営士の資格は3段階に分かれていますが、3級から順に試験を受け、合格していかなければいけません。
そのため、短期間で1級の資格を取得することは難しいでしょう。
3級の試験は毎年度3回ほど行われており、2級に関しては同じく2度ほどが行われています。1級は一次と二次とに分かれているため、合わせて年に1回が通例です。
3級から順に試験を受けていかなければならないことを考えれば、1級に合格するには最低でも1年以上はかかってしまうでしょう。
勉強時間等も含めれば、さらにこの期間は延びることになります。

医事管理士は年に2度の試験が行われているため、勉強期間を合わせても数ヶ月間で取得できる可能性が高い資格となっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です