医院開業にいくらかかる?医院の規模や診療科目別に見た必要資金

医師が開業する理由は?

医師がこれまでの勤務医という守られた環境から脱し、自らの院を構え独立・開業することは、一つの大きな転機であると同時に、大きな賭けでもあります。
しかし、そこには明確な動機や理由があるからこそ、そのようなチャレンジに打って出る価値があるというもの。
一方で、開業を目指す医師の中には「このような動機で果たして独立してもいいのだろうか」という悩みも多く聞かれます。
ここではその悩み解決の一助となるよう、開業を決意した医師の動機や理由を探ってみましょう。

・理想の医療を追求し、自らの裁量の幅を広げるため
・経営や運営を含めた新たなやりがいを実現・追求するため
・組織内での人間関係から解放されるため
・より多くの収入を得るため
・地方などで開院し地域貢献を実現するため
・勤務医は体力的に厳しく、ゆとりを持ちながら仕事を行うため

これらが、実際に開業した医師にアンケートを取った結果、多く集まった開業理由です。
おそらく開業を意識している医師の多くが、このいずれかに当てはまる動機を抱えているのではないでしょうか。

このように開業の理由は幅広く人それぞれですので、もし独立し開業する意志が強いのであれば、その理由についてはさほど気にする必要はないのかもしれません。

医院・クリニックを開業するメリットとデメリット

大きな夢や希望を抱いて開業する医師が大半ですが、メリットが考えられる一方で、デメリットやリスクも無視することはできません。医師が診療所やクリニックを開業するメリット及びデメリットをまとめてみましょう。

独立・開業するメリット

医師が自身のクリニックを構えるメリットは、自由な裁量により経営・運営ができ、自らの理想の医療を追求できる点にあります。
また、多くの患者にかかりつけ医として選択してもらうことができれば、勤務医時代とは比べ物にならないほどの収入を得ることも可能でしょう。
患者との距離感が縮まると感じる医師も多く、ここにやりがいや社会貢献の意義を強く実感することができるかもしれません。
診療時間も自由に決められるため勤務時間を抑えることもでき、体力面や精神面でもゆとりを確保しながら医師の仕事を継続することが可能です。

独立・開業するデメリット

独立・開業することで、経営の責任も背負うこととなります。
もし思うように患者が集まらなければ経営が行き詰まり、クリニックをたたまなければならない事態に陥るかもしれません。
診療以外のことにも頭を悩ませなければならない点は、開業医の辛いところでもあるでしょう。
もし医療ミスやトラブルがあった際にも、その責任の一切を負うことになります。
1人で診療を行っている場合、代わりの医師はいないため、もし体調不良などが続けば患者に迷惑をかけ、それが信頼の失墜へと繋がるリスクもあります。

実際に開業を経験した医師の体験談

勤務医から開業医となった医師の体験談を一つ紹介しましょう。

10年以上勤めた医局を辞め独立(41歳・男・総合内科)

私は、3年前に医局を退職し、自分のクリニックを開業しました。
他の医療機関への転職も検討しましたが、私が出した答えは、独立でした。
その理由は、できるだけ早く自分自身が正しいと思えるような医療の提供を実現したかったためです。

独立直後は大変でした。集患や経理を含めた経営の知識はありませんでしたが、しかし、それを無視して院を運営することはできません。
コンサルタントのサポートも受けながら準備しスタートまでこぎつけ、今は安定した集患と利益確保を実現することができています。

結果から言えば、独立して正解でした。勤務医の頃と比較すれば収入も上がり、しかし実働時間は減ったのですから。
大変なことは全てやりがいであると感じることもできています。開業したことに微塵の後悔もなく、今現在悩んでいる医師がいれば、自信を持って開業を勧めたいという気持ちすら持っています。

開業を決めた年齢と実際に開業した年齢

人によって当然のように差はあるのですが、医師が開業を決めるのは、30代半ばから後半にかけてが割合的には多いようです。
勤務医としてしばらく勤めると、その現場での限界を感じることも多くなり、また、体力的・精神的にも厳しさを増すと感じることがありますが、その年齢がこの辺りのため、30代半ばから後半にかけて開業を意識あるいは決断するケースが多いと考えられます。

実際に医師が開業する年齢は、40歳から41歳が平均であると言われています。
開業をイメージしたり決意してから3年〜5年後の開業ということを考えれば、準備期間としては十分ですし、妥当な期間及び年齢なのかもしれません。

診療分野によっては30代前半や半ばで開業する医師もいます。
逆に、大学病院で十分な経験を積んでから40代後半や50代になってから自身のクリニックを持つ医師も少なくありません。
こうしたデータや医師の体験談も参考にしつつ、自らの開業に適切な年齢や時期、タイミングを判断することが求められるのではないでしょうか。